« 浅野和三郎の家族と出身地 | トップページ | 戸澤正保 »

浅野正恭

浅野正恭(あさのせいきょう)は慶応3年(1867年)1228日生まれ、昭和29年(1954年)1020日逝去した。正恭は和三郎の次兄であり、和三郎が他界した後は正恭がすべてを引き継いだ。

 

ア)海軍における経歴

・明治18年(1885年)1121日、海軍兵学校に入学

・明治22年(1889年)420日、海軍兵学校を卒業(海兵15期)。

・明治25年(1892年)1221日、海軍大学校丙号学生(明治26年卒業)

・明治29年(1896年)77日、海軍兵学校砲術教官兼監事

・明治33年(1900年)212日、海軍機関学校砲術練習所教官(海軍少佐)

・明治33年(1900年)614日、海軍機関学校教官と陸軍要塞の砲兵射撃校教官を兼任

・明治35年(1902年)118日、海軍大学校選科学生

・明治36年(1903年)77日、海軍大学校教官

・明治38年(1905年)112日、防護巡洋艦松島副長(海軍中佐)

・明治40年(1907年)228日、戦艦鹿島副長

・明治40年(1907年)1210日、再び海軍大学校の教官(明治44年まで)

・明治43年(1910年)319日、海軍大佐となる

・明治43年(1910年)121日、造船監督官としてイギリス出張(19114月末まで)

・大正2年(1913年)121日、一等戦艦朝日の艦長となる

・大正3年(1914年)121日、呉工廠砲煩部長、造兵監督官

・大正4年(1915年)1213日、海軍少将(勅任官)となる

・大正8年(1919年)61日、技術本部出仕となる

・大正8年(1919年)121日、海軍中将となり待命となる

・大正9年(1920年)8月1日、予備役となる

・昭和7年(1932年)1228日、海軍を退役

(参考文献:日本海軍史第9巻、将官履歴上)

 

イ)関係者は浅野正恭をどう見たか

☆鈴木まさ子氏

浅野和三郎の研究者、鈴木まさ子氏は「浅野馮虚」研究のために浅野正恭と面談した。その際の状況を次のように述べている。「昭和299月の陽射しの暑い12日、多慶子夫人を訪問する。と、やがて令兄正恭氏宅へ招ぜられた。・・・何より幸せだったのは、実兄正恭氏にお目にかかって直接両親のこと、馮虚の幼い時から世を去るまでのことを伺うことができたことである。と云うのは、正恭氏はその後1020日逝去せられたからである。お目にかかった時は88歳の高齢とも思えぬ程お元気であった。朝夕は木刀を振って身体の鍛練を怠らなかったとのこと、耳はよほど遠い様子であったが、こちらで云うことは感じ取られる。話し振りは「・・・である」と結ばれるいかにも力強い、威厳に満ちた、しっかりした口調である」(雑誌『学苑』昭和318月号)。

 

☆息子の浅野遙氏

浅野遙著「父を偲ぶ」(雑誌『心霊と人生』誌、昭和2911月号、抜粋)によれば、「父は自分の死期を、1ヶ月前から的確に1020日といって皆に話していたのでしたが、全くその通りに1020日に死亡しました」「遺言は、かねて私共を前に置いて聞かせていた通り、自分の墓を作るナ、遺骨は一切遺してはならぬ、何処の海でもいいから流してしまうように、ということでした」「近く東京湾を離れて蒼い大洋に骨を散らしてくることにしています。もともと、父は海軍士官だったのですから、永い航海中には、幾多の水葬を経験したでしょうから、一般人が思うほど、肉体に執着は無かったものと思われます」と。この記載から、生前の正恭の人柄が偲ばれる。

 

☆社会学者の田中千代松氏

田中氏の著書『新霊交思想の研究(改訂版)』(共栄書房1981年刊)336頁以下で次のように述べている。「浅野和三郎の兄正恭は、亡弟の心霊研究と新スピリチュアリズムに関する論文集を編纂し刊行した人である。元海軍中将で弾道学の権威であった、というが、この人に『日本精神の淵源――古事記生命の原理』(昭和13年)という著書がある。この人は弟のように思索動揺のあとを示さず、心霊研究と新スピリチュアリズムを端的にウルトラ国粋主義に従属させた」と。

 

 

« 浅野和三郎の家族と出身地 | トップページ | 戸澤正保 »