東京シルバーバーチ読書会のお知らせ

依然としてコロナ禍が続いていますが、2021年4月から読書会を再開します。開始時間は「1時20分」です。

 

コロナ感染症対策

1.参加者はマスク着用をお願いします。

2.体調の悪い方(発熱・せき・のどの痛み・だるさ・味覚障害などのある方)は参加をご遠慮ください。

3.当分の間、飛沫感染防止のために「輪読を中止」します。

4.当分の間、机のレイアウトは従来の「ロの字形」ではなく「スクール形」で行います。

*コロナ禍の中での開催になりますので、読書会の前日に「開催の有無」の最終確認をお願いします。

東京シルバーバーチ読書会では従来から参加者の名前以外の個人情報はお聞きしておりませんが、TKP貸会議室からコロナ禍のイベント主宰者の責任として「参加者の連絡先を把握して置くように」との要請がありました。当分の間、読書会参加者の電話番号をお聞きしますのでご了承ください。

 

4月の読書会

開催日  2021年4月25日(日) 午後1時20分~3時30分

場 所   千代田区飯田橋3-4-3 エレガンス飯田橋2階「スター貸会議室 飯田橋」

          地図 http://www.kaigishitsu.jp/map/map-iidabashi.html

交通手段 JR「飯田橋」、地下鉄「飯田橋」 徒歩2分

テキスト  『シルバーバーチの霊訓』1巻(4章)

参加費  無料

 

主宰者 須江克則    連絡用メール ■2035@nifty.com 「 ■部分にsueと入れて下さい」

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
 

<ブログ>

スピリチュアリズム研究ノート

https://1411.cocolog-nifty.com/ks802/

 

『シルバーバーチの霊訓』講座

https://1411.cocolog-nifty.com/ks802/2016/10/post-55c0.html

 

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

読書会の特徴
読書会という名称を使っておりますが実態は勉強会です。
講義形式で進めております。
信仰的な雰囲気はありません。

読書会参加の要件
読書会は『シルバーバーチの霊訓』を通して「霊的真理を学びたい方」であれば誰でも参加できます。
御夫婦の参加、子供連れの参加(但し子供は会場で騒がないことが条件)も可能です。

読書会に参加するには
参加のための事前予約は不要です。
読書会当日にテキストを持参のうえ、直接会場にお越しください。
会場入り口に「東京シルバーバーチの会」という張り紙が貼ってあります。
見学者でテキストをお持ちでない方も参加できます。
この読書会では「参加費・資料代」等は一切無料です。

読書会の流れ
読書会の全体の流れは「瞑想→テキストの輪読→講師による解説→質疑応答→はじめて参加された方の感想→瞑想」で行います。
はじめて参加された方は、最後に一言感想を述べていただきます。

禁止事項
読書会の会場および周辺部において以下の行為を禁止します。また主宰者の指示に従わない方は退場していただきます。主宰者から「注意」を2回受けた方も退場となります。

・特定の宗教や信仰、グループ、セミナー等への勧誘行為を行うこと。

・主宰者の許可を得ずに心霊治療を行うこと。

・参加者の間で「霊的エネルギーが入っていると称するモノ」の受け渡し等を行うこと。

・参加者の間で「物品や写真等の鑑定」を行うこと。

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

<読書会主宰者からのお願い>

1.読書会の特徴

東京シルバーバーチ読書会では『シルバーバーチの霊訓』を勉強したい方であれば、参加条件を定めず誰でも気軽に参加できる形態をとっております。そのため参加者にはいろんな考え方の人が見えております。参加者の思想的・宗教的バックグランドはさまざまです。

 

2.特定のグループに所属している方へ

東京シルバーバーチ読書会では過去にたびたび参加者の間でトラブルが起こりました。そのため会の主宰者として“トラブルの発生”には神経を使っております。参加者がどのようなグループに所属していようと、どのような信仰を持とうと自由ですが、読書会を「特定の信仰・グループ」の勧誘の場にしないでください

 

3.初めて参加された方へ

主に初めて参加された方がターゲットにされているようですが、もし「特定の信仰・グループ」に勧誘された場合は十分に注意して対処して下さい。

主宰者としては参加された方、全員が気持ちよく『シルバーバーチの霊訓』を勉強できるような読書会にしたいと願っております。

 

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―