« スピリチュアリズムの基本と「統一教会」の原理思想の検証(レジュメ&資料) ―2022年11月「雑学のつどい」にて報告— | トップページ | 2021年『シルバーバーチの霊訓』連続講座 目次 »

2020年『シルバーバーチの霊訓』連続講座 目次

2020年の講座

第1講:生き方としてのスピリチュアリズムとは <2020年、講義用ノート>

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

◆講義録の掲載について

本稿は公益財団法人日本心霊科学協会で行った「シルバーバーチの霊訓、連続講座」の為に、準備した“講義用ノート”をアップしたものです(講座では時間の制約もあり“講義用ノート”の全てを講義したものではありません)。

なお2020年講座の第2講以下は“コロナ禍”のため中止となりました。

 

2019年『シルバーバーチの霊訓』連続講座を開催するに当たって

数多くある霊界通信の中でも最高峰と言われるのが『シルバーバーチの霊訓』です。この霊訓は『サイキック・ニュース』の主筆モーリス・バーバネル(19021981)が霊媒となった交霊会で、霊言形式で霊的教訓が語られてきたのを編纂したものです。日本では『シルバーバーチの霊訓』は近藤千雄氏の訳に限って見ても20冊ほど出版されております。

 

近年シルバーバーチに関心を向ける人が増えてきております。しかしシルバーバーチが現代人に伝えようとした霊的教訓を限られた時間の中で理解するのはなかなか困難なものです。そのため多くの愛読者に見られる陥りがちな傾向に「偏った断片的な理解」があります。

今回『シルバーバーチの霊訓』を学びたい方々にとって、霊訓の全体像を理解する為の一助になれば幸いと願って、連続講座を開催することに至りました。

 

« スピリチュアリズムの基本と「統一教会」の原理思想の検証(レジュメ&資料) ―2022年11月「雑学のつどい」にて報告— | トップページ | 2021年『シルバーバーチの霊訓』連続講座 目次 »